節分の由来や意味は?どうして豆まきをするの?鬼の意味は?

節分といば豆まきですよね。
鬼に向かって豆まきをするのはなぜなのでしょう?

今回は節分の由来や意味、豆まきの意味など
調べてみました。

節分の由来や意味は?

節分とは本来、「季節の変わり目」を意味します。

季節が移り変わる節日を指し、
立春、立夏、立秋、立冬の前日を節分と言い
1年に4回ありました。

現在は、冬から春になる立春の前日、2月3日が節分ですよね。

なぜ立春の前日だけ節分と呼ぶようになったかというと、
立春は一年の始まりとされていて、
現在で言う、節分=大晦日、立春=元日でした。

これから始まる新しい一年の前に悪いものを追い出して、
不幸や災いのない一年になるようにの願いを込めて
春の節分だけが残ったとされています。

どうして豆まきをするの?

昔は、季節の分かれ目には「邪気(鬼)」が
入りやすいと考えられていて、
季節が変わる前に邪気を払うため、
「追儺(ついな)」、「鬼やらい」
という宮中行事が行われていました。

この宮中行事の「追儺(ついな)」と、
邪気を祓うために春夏秋冬の節分に行われていた、
「豆打ち」が「豆まき」の由来とされています。

また「魔(鬼)目=まめ」、「魔(鬼)滅=まめ」
と考え、鬼を追い払うことに通じているそうです。

まいた豆から目がでるのは縁起が
良くないとされていることから、
豆まきで使う大豆は炒った大豆を使いましょう。

鬼の意味は?

鬼とは、「陰(おん)」、「穏(おぬ)」
という言葉が由来しています。

「陰」「穏」は、
「目に見えない邪気」「この世のものではない存在」のことで、
昔は、災厄や疫病などの災いは鬼の仕業だと考えられていました。

豆まきをすることで、鬼を追い払い、
無病息災を祈る行事とされていました。

鬼の色の意味は?

鬼と言えば「赤鬼」と「青鬼」のイメージですが、
じつは、鬼には2色の鬼のほかに「黄鬼」、「緑鬼」、「黒鬼」と
5色の鬼がいるのです。

そして、鬼の色にはそれぞれ意味があります。

鬼の色は仏教において、「煩悩」を意味しており、
「心穏やかに過ごすには、心に蓋をしている5つの煩悩を外す」
という五蓋(ごがい)の教えからきているそうです。

・赤鬼:貪欲(どんよく)
欲望や渇望などを意味します。
悪い心の象徴で、豆をぶつけることで
自分の中の悪い心が取り除かれるといわれています。

・青鬼:瞋恚(しんに)
悪意や憎しみ、怒りなどを意味します。
貧相な自分自身に豆をぶつける事で、
福相、福徳に恵まれるといわれています。

・黄鬼(白鬼):掉拳悪作(じょうこおさ)
心の動揺や後悔を意味します。
豆をぶつけることで、自己中心的な考えを取り除き、
公平な判断が出来るようになるといわれています。

・緑鬼:惽沈睡眠(こんちんすいみん)
倦怠、眠気、不健康を意味します。
不摂生を反省して、健康的で規則正しい生活ができるといわれています。

・黒鬼:疑(ぎ)
疑心暗鬼を意味します。
豆をぶつけることで、卑しい気持ちを追い払い、
平穏を願うといわれています。

これまで鬼の色を気にすることなく、豆まきしていた方は、
自分が打ち勝ちたい色の鬼に豆をまくと良いかもしれません。

業務用食材に関する記事をご紹介します。

業務用食材通販ナビ!