目の下のクマの原因は?クマの種類とそれぞれの対処法は?

目の下にクマがあると、老けて見えたり、
疲れてみえたりして、気分がどんよりしますよね。

どうしてクマはできるのか?
原因や種類、対処法について調べてみました。

目の下のクマの原因は?

目の下のクマの原因として、睡眠不足や疲労、
ストレス、体調不良などによる血行不良があげられます。
そのほかに眼精疲労、ドライアイも目の下のクマと関係しているそうです。

目元やまぶたの周りの皮膚は、周りの皮膚に比べて非常に薄く、
皮膚の下にある毛細血管の色が透けて見えやすいです。

また、目の周りは皮脂腺が少ないため、皮脂分泌が少なく、
乾燥肌になりやすいです。

刺激に弱く、強くこすったりして、刺激を与えることで、
メラニン色素が沈着し、その部分が黒ずんで見え
それが目の下のクマになります。

クマの種類とそれぞれの対処法は?

クマには大きく3つ種類があります。
クマの種類によって原因と対処法は異なります。

●青クマ→目尻を引っ張って、色が薄くなる

<原因>
血行が悪くなり、老廃物が排泄されなくなったため、
毛細血管が透けてクマになっています。

目の疲れ、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、冷え症、
ストレスなどが原因とされます。
また、目を酷使することでも起こります。

<対処法>
青クマの解消には、まず目の疲れを取ることです。
パソコンやスマホの長時間使用は極力避け、目を休ませましょう。
また、体を冷やさないようにすることも大切です。

蒸しタオルで目元を温める、ツボ押し、適度な運動、
湯船に入って身体を温める、鉄分の多い食べ物を摂ることを
心がけると良いでしょう。

ツボ押しやマッサージはやりすぎたり、きつくやると
肌に負担がかかり、茶クマの原因であるメラニン色素が
沈着するリスクが高くなるので、注意して下さい。

●茶クマ→目尻を引っ張って、色が変わらない

<原因>
紫外線によるダメージや、目の擦り過ぎで、
メラニン色素が定着することで発生するクマです。

<対処法>
茶クマは、紫外線対策を行い、肌の代謝を高める
ビタミンC誘導体を含む化粧水などを使うといいでしょう。
また、目を強く擦らないことも大切です。

●黒クマ→鏡を見ながら、上を向けばクマが薄くなる

<原因>
目の下にできるくぼみ、皮膚のたるみ、涙袋による影が原因です。
加齢による、眼輪筋の衰え、眼窩脂肪の衰えでできてしまいます。

<対処法>
黒クマは、たるみが原因なので、コラーゲンを増やし、
皮膚が脂肪やむくみを支えられるようにすることが大切です。

目の周辺にある眼輪筋を鍛えましょう。

1.目をギュッと閉じて5秒間キープ
2.目を思い切り大きく開いて5秒間キープ
3.目を開いて時計周りに5回、反対周りに5回、目を∞の字に動かす