敬老の日の由来と理念は?いつから始まった?老人の日もある?

かつては9月15日と定められていた敬老の日

ではなぜ、その日に決まっていたのでしょう?

今回は敬老の日の由来や、理念について調べてみました。

■聖徳太子の伝承に由来していた!

593年の9月15日、聖徳太子が摂津の四天王寺(現在の大阪市)に

「非田院」(ひでんいん)を設立しました。

「非田院」は身寄りのないお年寄りや、病人を救済するという大変素晴らしい施設でした。

これにちなんで昭和29年から「としよりの日」という記念日が設けられたのが始まりです。

■改名を続けてきた「敬老の日」

こうしてできた「としよりの日」、この名称に異論が多かったことからやがて

「老人の日」と改名されましたが昭和41年にようやく「敬老の日」として

国民の祝日に制定されました。

その後、ハッピーマンデー制度※により平成15年から9月の第3月曜日に変わりました。

※ハッピーマンデー制度とは・・・祝日と週休2日制をつなげ、3連休以上の期間を
増やすため、国民の祝日の一部を従来の日付から特定の月曜日に移動させる制度。
連休の日数を増やすことで観光業や運輸業などを活性化する目的で設けられました。

  ■「敬老の日」の理念とは?

人生の先輩として長年にわたり、社会や家族のためにつくしてきた

お年寄りに感謝し敬意を表し、これからも長生きしてくださいね!

という意味をこめてお祝いをする日です。

■老人の日も残っていた!

老人の日が9月15日、15日~21日は老人週間です。

「老人の日・老人週間」には、

①国民の間に老人の福祉への関心と理解を深める

②老人が自らの生活の向上に努める意欲を促す

という二つの目的があります。

誰もが健康で安心して生きがいを持った生活を送ることができる活力ある長寿社会を築くため

内閣府・厚生労働省をはじめ全国老人クラブ連合会を含む福祉・医療関係団体は

毎年「老人の日・老人週間」の全国的なキャンペーンを展開しています。

■日本人の「平均寿命」が過去最高を更新!

厚労省が公開した「平成29年簡易生命表」によれば、日本人の「平均寿命」が

過去最高を更新して、男性は「81.09歳」女性は「87.26歳」となりました。

平均寿命が伸びることに寄与しているのは「癌」での死亡率が下がったことによるそう。

また「心疾患」と「脳血管疾患」の死亡率の改善が、平均寿命の伸びの原因となっています。

■まとめ

日本は世界的にも長寿国です。

70歳を過ぎても若々しく、元気でおしゃれなお年寄りもずいぶん増えました。

敬老の日には、おじいちゃんおばあちゃんに会いに行って楽しく過ごしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする