さっぽろ雪まつり2018年の会場や日程は?見どころは?

冬の北海道といえば、雪と氷の祭典!
さっぽろ雪まつりです。

1950年に地元の中・高校生たちが大通公園に
6体の雪像を作ったのが始まりなのだそうです。

今では国内外から約250万人もの人が訪れる
2月の北海道を代表する大イベント!!

さっぽろ雪まつりについて調べてみました。

さっぽろ雪まつり2018会場や日程は?

さっぽろ雪まつりは3つの会場に分かれています。

■大通会場

会場:大通公園1~12丁目
日程:2018年2月5日(月)~12日(月)
時間:ライトアップ ~22:00

■つどーむ会場

会場:札幌市スポーツ交流施設コミュニティドーム
日程:2018年2月1日(木)~12日(日)
時間:9:00~17:00

■すすきの会場

会場:南4条通~南7条通までの西4丁目線市場
日程:2018年2月5日(月)~12日(月)
時間:ライトアップ ~23:00(最終日は22:00まで)

さっぽろ雪まつりの見どころは?

■大通会場

さっぽろ雪まつりのメイン会場である大通会場は、
1.5kmにも及ぶ雪と氷のドラマが展開されており、
市民が作成した大小さまざまな雪像や高さ15mの巨大像、
毎年時事ネタを取り入れた雪像や人気キャラクターの雪像など
バラエティに富んでいて、多くの観光客に喜ばれています。
また、夜間のライトアップと期間中の17:30~22:00に
開催されるプロジェクションマッピングはとても人気で、
見る人の心を魅了させます。

■つどーむ会場

さっぽろ雪まつりの第二会場となっているつどーむ会場は、
雪で作られたすべり台や川で使用するラフティングボードを
スノーボードで引っ張って滑走するスノーラフトなど
北海道の大自然の中で思う存分雪と触れ合うことができ、
子どもから大人まで楽しめる会場です。
また、屋内スペースには、大きな休憩所や
北海道各地の美味しいものが食べられる飲食ブース、
子どもが遊べるファミリー広場があり、
小さいお子さんがいるご家庭の方におすすめの会場です。

■すすきの会場

すすきの会場は「氷を楽しむ」がテーマです。
氷の彫刻が立ち並んでおり、ふれあい広場では、
氷像に触ったり、乗ることができます。
撮影スポットのイルミネーションロードや氷の女王の撮影会など
大通会場やつどーむ会場とはまた違った、
すすきの会場ならではの催しが繰り広げられています。
また、飲食店が数多く並ぶ、北海道最大の歓楽街エリアなので、
美味しい北海道の料理をたくさん堪能できます。

最後に

いかがだったでしょうか?

たくさん楽しめて見所満載のイベントですが、
冬の北海道は極寒なため、行かれる方は、
防寒対策をしっかりして、
足元も滑りにくい靴(レインブーツ等)を履いて
思いっきり楽しんで下さいね。

健康に関する記事をご紹介します。

暮らしのカレンダー