糖質制限ダイエットの基本と、無理なく続けられるポイントとは?

糖質制限ダイエットとは、食事の糖質を極力カットする食事法のこと。

糖質を制限することで余分な体脂肪を燃焼させるダイエット法です。

血糖値を上げない時間が長く続くとその間、体脂肪をエネルギーとして使うので

効率的に体脂肪を減らせるというわけです。

糖質制限ダイエットの基本と、続けやすいポイントを調べてみました。

■そもそも「糖質」って何?どんな食品に入ってるの?

炭水化物から食物繊維を除いたものが「糖質」です。

お茶碗1杯分のご飯(約150g)には約55gの糖質が入っています。

ご飯だけでなく、パン・麺類・お菓子などは糖質たっぷり!

■「糖質」を控えるとなぜ痩せるの?

私たちの体は、糖質の摂取を減らすとエネルギーが足りなくなり

脂肪を分解して補おうとするため、脂肪が減り痩せるのです。

■糖質制限中の脳への影響は?

食事で糖質を摂らなくても、体内でブドウ糖が不足することはありません。

人体には、肝臓でアミノ酸や乳酸などを自らつくり出す「糖新生」という

働きが備わっているからです。

脳は脂肪酸を分解してつくられる「ケトン体」という物質をエネルギーとして

いくらでも補給するので心配はいりません。

■「糖質」を控えるかわりにどんなものを食べたらいい?

エネルギー源として、タンパク質をしっかり摂りましょう。

タンパク質には代謝を正常化する働きがあります。

肉や魚、大豆製品、卵などを、主菜・副菜・汁物などできちんと補いましょう!

糖質の多い野菜=根菜類・いも類・かぼちゃ・れんこん・とうもろこし
糖質の少ない野菜=葉物野菜・もやし・キノコ類・アボカド
フルーツは全般的に糖質が多く、ドライフルーツも糖質が多いので控えめに
ナッツ類は、糖質少なめなのでOK!

■ごはんやパンを控えたなら・・・

ごはんやパンなどには食物繊維も含まれているので

これらの炭水化物を減らすと便秘になりがちです。

そこで、おからやキノコ類・海草・こんにゃくなどをたっぷり摂りましょう。

水分補給も忘れずに!

■どうしてもご飯や麺類が食べたい時は?

こんにゃくを主原料として作られているこんにゃく麺を利用しましょう。

低カロリー・低脂質・低糖質なので、ダイエットの強い味方!

ラーメン・パスタ・うどん・そうめんなど色々なタイプが出ています。

また、米粒状の乾燥こんにゃく米を普通の米2合とこんにゃく米1合で炊くだけの

こんにゃく米入りご飯もオススメ。

白米の量を減らしてこんにゃく米に置き換えることで、低糖質低カロリーご飯に!

■まとめ

糖質は体内に入ると消化吸収されて、血液中のブドウ糖(血糖)になります。

この値を「血糖値」といい、三大栄養素のなかで

血糖値を直接上げるのは唯一糖質だけです。

わたしたちはほぼ毎食、主食にご飯やパンを食べています。

現代人の食生活は糖質過多になりがちで、それがさまざまな病気の原因となるのです。

おいしく楽しく糖質制限食を実践して、健康で理想の体型を維持しましょう!